macOSでZ shellをはじめてみる

はじめに

すごいと噂のZ shellをmacOSで使ってみました。

macOS Mojave ver 10.14.2を想定します。

インストール

brew install zsh

いつものようにHomebrewから。
macOSにはデフォルトで入ってますが、新しいものを使う場合はHomebrewから入れる必要があります。

which zsh  
# /usr/local/bin/zsh

デフォルトに設定

まずシェルを登録します。

which zsh | sudo tee -a /etc/shells

そして、

chsh -s `which zsh`

でshellをchangeしたらOKです。

設定(zshrc)

~/.zshrcに書きます。

# 日本語、UTF-8を使用  
export LANG=ja_JP.UTF-8  

# 補完機能  
autoload -Uz compinit  
compinit  
# 補完時、選択モードになり左右キーで移動ができるように  
zstyle ':completion:*:default' menu select=2  

# プロンプト変更  
# 超シンプル  
PROMPT='%F{cyan}%#%f '  
RPROMPT='%F{cyan}%~%f'  

alias cdd="clear && cd ~/Desktop/ && ls"  
# .DS_Storeと.localizedの削除  
alias clean="find . -name '.DS_Store' -type f -delete -or -name '.localized' -type f -delete 2> /dev/null"  
# 日記  
alias d="v ~/Desktop/diary/`date +%F`.txt"  
# lsに色を付ける  
alias ls="ls -FG"  
# tsvを整形して見る  
alias tcat="column -t -s $'\t'"  
# 覚えられないので  
alias tgunzip="tar zxvf"  
alias tgzip="tar zcvf"  
# 日本語のために  
alias tree="tree -N"  
alias v="nvim"  

# 睡眠記録  
function gm () {  
    read sleep  
    echo "`date +%F`\t$sleep" >> ~/Desktop/data/sleep-log.tsv  
}  

# macOS標準の辞書で調べるコマンド  
function dict () {  
    open "dict://$*"  
}  

# w3mのホームページを設定します  
export WWW_HOME="https://www.google.com/webhp?ie=ISO-8859-1&hl=ja&source=hp&btnG=Google+&gbv=1"  

# tmuxを起動します  
# どこかで見かけた方法…どこだっけ…  
[[ -z "$TMUX" && ! -z "$PS1" ]] && tmux

おわりに

xonshが気になる…(浮気)。